TOP ▷▷ 女の子が主人公に! ▷▷  少女マンガを革新した集団「花の24年組」

少女マンガを革新した集団「花の24年組」

花の24年組 少年マンガを大きく発展させた存在として、手塚治虫、そして手塚の影響を受けて登場した石ノ森章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄(当時)らを、彼らが共同生活していたアパート名から「トキワ荘」組と呼んだりします。

彼らは少年向けマンガをメインとしつつも、少女マンガ作品も多く手掛けており、マンガ界全般に大きな影響を与えました。その一方で、少女マンガ家の中にも、この「トキワ荘」組と同じような一群が登場していたのをご存じですか? 「花の24年組」あるいは「大泉サロン」と呼ばれた、萩尾望都、竹宮恵子などを中心とした作家たちです。

生まれた年から名付けられた「花の24年組」

彼女たちが「24年組」と呼ばれるのは、その出生年から。昭和24年(1949年)前後に生まれた作家たちが中心となり、革新的な少女マンガを生み出していったという特徴から名付けられました。

もうひとつの名称である「大泉サロン」とは、東京都練馬区の大泉にあるアパートでデビュー間もない竹宮、萩尾が共同生活を始め、同年代の作家たちもここに集っていった、というエピソードからのものです。パターンとしては、石ノ森らの「トキワ荘」組と同じですね。

ただし、「花の24年組」というのはあくまで通称あるいは敬称としてそう呼ばれただけで、作家たちがそう名乗ったわけではありません。また厳密には昭和24年前後の生まれではない作家が含まれることもありますし、昭和24年生まれでも含まれない作家もいます(一条ゆかりなど)。

24年組に入ると言われている作家たちは、生まれた年に加えて、それまでの少女マンガにはなかった斬新なストーリーや表現方法を生み出していった、という条件も加わります。とはいえ、「いつもどおりの少女マンガ」を描く作家もいれば、それを望む読者もいましたし、作品の面白さと表現の斬新さはまた別物でした。

「花の24年組」だけが優れた作家というワケではなく、また24年組の作家のあとにも、少女マンガで革新的な作品を発表する作家が登場したりもします。

24年組が産み落とした意外なモノとは?

花の24年組の作家たちが活躍した1970年代初頭に起こった、新たな少女マンガの潮流。この現象を言い表すのに適していたのが「花の24年組たちによる~」という説明でした。青池保子、萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子、木原敏江、山岸凉子といった作家たちが少女マンガに持ち込んだ「少年が主人公」「少年愛、耽美要素」「SFファンタジー要素」「コマを無視するようなキャラクター表現」「枠のないコマの多様、コマ構成の複雑化」といった要素は、少女のみならず男性の読者も魅了し、少女マンガを読む男性ファンも生み出しました。

余談ですが、毎年お盆と年末に開催される同人誌の祭典「コミックマーケット」を生み出したのは、男性による少女マンガ批評同人誌を作っていた「迷宮」というサークルでした。そして迷宮で盛んに読まれ、語られていたのが、24年組による作品だったのです。少女マンガの革新がコミケを産んだ、というのも面白い影響ですね。