TOP ▷▷ 科学者を育てたSFアニメ ▷▷ 偉大なる変身ヒーローの元祖「仮面ライダー」

偉大なる変身ヒーローの元祖「仮面ライダー」

仮面ライダー 1971年に放送が開始され、社会現象となるほどの大ヒットを記録した特撮作品が「仮面ライダー」です。原作はヒーローものを多く手掛ける大御所漫画家・石ノ森(当時、石森)章太郎ですが、実はこの作品には「原作マンガ」が存在していません。

特撮版とマンガ版が同時進行で作られていた

当時のアニメや特撮ヒーロー作品は、番組制作が決定すると、タイアップの一環としてマンガ作品の連載も始まるというケースが多くありました。「仮面ライダー」もこのパターンで、キャラクター原案は石ノ森によるものですが、ストーリーは番組と石ノ森によるマンガ版が別個に同時進行で作られたため、まったく異なる内容でした。「敵に改造されたヒーロー」「巨大化しない等身大のキャラクター」「世界征服を企むショッカー」といった基本案は共通していましたし、ショッカーライダーの登場や2号ライダーの登場といった部分も共通していましたが、そこへ至るまでの物語は特撮版とマンガ版で違っています。

そもそも2号ライダーの登場は、番組撮影中に1号ライダー役の藤岡弘、(当時、弘)が大怪我をして長期休養するといアクシデントから生まれた苦肉の策でしたが、この交代劇が起こったことを石ノ森版のマンガ連載でも取り入れて「ショッカーとの戦いで敗れた1号のあとを2号ライダーが引き継ぐ」というストーリーとなっています。

マンガ版「V3」を描いたのは、のちに大ヒット作家となるあの人!

また、初代「仮面ライダー」のマンガ版も当初は石ノ森によって描かれていましたが、続編番組となる「仮面ライダーV3」以降は、石ノ森の弟子に当たるマンガ家が担当するようになります。中でも「V3」以降、「テレビマガジン」などでコミカライズのメイン担当(当時は複数の雑誌で同時連載されることも多かった)をしていたのが、すがやみつるです。

のちに「ゲームセンターあらし」でヒットマンガ家となるすがやですが、当時は石ノ森のアシスタントでしかなく、「仮面ライダー」の特撮版に準拠したコミカライズがデビュー作となりました。

その後も「仮面ライダーV3」コミカライズを担当しますが、この頃は特撮版のシナリオがない状態で描かざるをえないスケジュールだったこともあり、子ども向け作品としてはハードな戦闘描写や悲壮感溢れるオリジナルのストーリー展開を盛り込んでおり、これが「子ども心に怖かった」と多くのファンにトラウマを植えつけたといいます。

新しもの好きなすがやみつるが取り入れたアメコミ表現

また新しいものが好きだったすがや(これが後のゲーム、マイコン、F1などをテーマとした作品にも繋がります)は、当時日本にほとんど輸入されていなかったアメコミを手に入れては、彩色や構図の参考にしていたそうです。一般的な単色刷りのマンガ雑誌とは違い、連載媒体がフルカラーのグラフ誌「テレビマガジン」だったこともあり、この鮮やかな色合いも人気となりました。

ハードなSF作品であり、変身ヒーローというジャンルを産んだ名作「仮面ライダー」ですが、特撮版しか見ていない、知らないという方も多いのでは。近年ではマンガ版「仮面ライダー」シリーズも復刻され入手しやすくなっていますし、影響を受けた若い作家による続編作品も多く登場しています(村枝賢一「仮面ライダーSPIRITS」など)。特撮版とマンガ版の違いを読み比べてみるのも面白いのではないでしょうか。