TOP ▷▷ 懐かしい漫画の見つけ方 ▷▷ みんなでアニソンを歌おう!

みんなでアニソンを歌おう!

アニソン 今は空前のアニソンブーム!それはアラフィフ世代が今の若い人達と、一緒に楽しめるものでもあります。なぜならアラフィフ時代のアニソンには名曲が多く、今もとても人気があるからです。世代の違うもの同士でも、楽しめるのがアニソンです。

男同士で歌えばストレス発散!

男性同士で必ず盛り上がるのが『ガッチャマンの歌』です。カラオケに昔のアニソンを入れてみたら記憶が曖昧で、しっかり歌えなかった、なんてこともありがちです。しかし、この曲だけは不思議に覚えているものなのです。

サビの「ゆけ!ゆけ!ゆけ!ガッチャマン」のところで大抵はみんな一緒に歌いだし、最後の「地球は一つ・・・」のところからは大合唱になって盛り上がるのがお約束。そして、なぜかこの曲は年代に関係なくみんなが知っているので、同席しているメンバー全員で楽しめます。

カラオケでアニメソングを歌うのは、単純に楽しめて精神安定にもとてもいい影響があります。年齢からEDの症状に悩んでいる方は、精神的な原因も関係している場合があるので、懐かしいアニソンで盛り上がって、ストレスを発散してみましょう!それでも改善されないときは、病院に相談してみるのもいいでしょう。今は数々のED治療薬も出ています。一人で悩まないことが大切です。

アニソンには、名曲がたくさん

今はアニメのテーマソングにも、一般のポピュラーソングが使われることが多くなりましたが、昔はアニメ専用に作られたものがほとんどでした。その中でも"名曲"と言われている曲がたくさんあります。特に注目なのが『エンディングテーマ』です。

中でも有名なのが『デビルマン』のエンディングテーマ『今日もどこかでデビルマン』です。アニメのエンディングとは思えないほど、渋みのある曲でした。東京タワーに寂しそうに座っているデビルマンが印象的でした。

今も歌詞を覚えているアラフィフがほとんどです。『デビルマン』の歌詞は、誰にもいえない秘密を胸にグッとしまい込んでいる、悲しさ切なさがとても伝わってくるフレーズだったのです。多くの子供たちが衝撃を受けたことでしょう。

そして、忘れてはならないのが『ルパン三世』のエンディングテーマです。「足元にからみつく・・・」から始まるなんとも切ない曲です。崖沿いの道を走っていくオートバイが延々と映し出されているだけの映像が、物悲しさを更に深めていました。

歌詞に出てくる、ルパンが愛用している拳銃『ワルサーP38』を、一度は見たいと思ったものでした。あの独特の歌声は"チャーリー・コーセイ"という歌手で、曲の正式名はそのものずばり『ルパン三世その2』です。

この他にもアニソンの名曲は数え切れません。年齢に関係なく、誰しもが楽しめるアニメソングを、カラオケで思い切り歌ってみましょう!きっとどんな年代の人同士でも仲良くなれること間違いなしです。