TOP ▷▷ 懐かしい漫画の見つけ方 ▷▷ あの頃の漫画を読みに行こう

あの頃の漫画を読みに行こう

京都国際漫画ミュージアム 昔に読んだ漫画を、大人になった今もう一度じっくり読んでみたい。でも、古すぎて、あまり有名な作品では無かったから、廃刊になったから、など、思うように手に入らない漫画もありますね。そんなときは思い切って京都国際漫画ミュージアムに行ってみましょう!

漫画ミュージアムって?

京都のど真ん中にある『京都国際漫画ミュージアム』。廃校になった小学校を使った漫画の博物館です。2006年、マンガ学部がある京都精華大学と京都市の共同事業として設立されました。

校舎を改築して作られていて、1階が少年向け、2階は少女向け。3階が青年向けマンガと分類してあります。主に1970年代~2005年代のマンガ単行本約5万冊を扱っています。

そのマンガたちは『マンガの壁』と呼ばれる、全長200メートルにもわたる本棚に、びっしりと陳列されています。そうです!校舎の壁一面、マンガで埋め尽くされているのです。漫画喫茶とは規模が違います。戦前のマンガ『のらくろ』だってあるのです。 

また"国際"という名前の通り、翻訳された日本のマンガと、世界各国のマンガ5000冊以上を「マンガ万博」として設置されています。日本のマンガは『MANGA』という世界共通の言葉となり、日本の文化として愛されています。そのため海外からの入館者も、全体の10%を占めています。

一日遊べるマンガ好きの天国

廃校になった小学校を使っているため、敷地面積も広く、テラスのある広々としたカフェや、ここでしか買えないグッズを多数扱うミュージアムショップなどもあります。

一番人気は、運動場一面に敷き詰められた、緑が美しい芝生のスペースです。館内なら、マンガを持ち出すことができるので、芝生の上でくつろぎながらマンガを楽しむことができるのです。

階段に座ったり、ベンチに腰掛けたり、芝生に寝転がったり、みんな思い思いのスタイルで、心行くまで、のんびりマンガを楽しんでいます。その光景は、本当に平和で別世界に来たようです。

また、当日に限り再入場ができるので、外に出て食事なども可能です。京都の中心地なので、歩ける範囲に何でも揃っています。入館料も大人800円子・中高生300円・小学生100円と、とってもリーズナブル。

交通も便利で最寄りの駅は、京都市営地下鉄・烏丸線(からすません)・東西線『烏丸御池駅(からすまおいけえき)』、または阪急電車『烏丸駅(からすまえき)』より徒歩2分。JR京都駅からでも、地下鉄で6分という便利さです。

ここなら、必ず探していた懐かしいマンガに出逢えます。日常から解放され、もう一度子供のころのように、無心になってマンガを楽しんでみませんか?